【デメリット有】Soundcore Liberty Air2 Proを1年使ってみた感想

未分類
筆者撮影

※この記事はAnker社製のSoundcore Liberty Air2 Proを実際使ってみた感想デメリットが書かれています。

けい
けい

こんにちは。けいです。

最初に記事の結論から言うと

【1つの欠点】を抜いて、このイヤホンは機能、価格ともに最高だと思います。

では、目次をどうぞ。

実際使ってみた感想

けい
けい

端的に使ってみた感想を言うと、めちゃくちゃいいです。

ノイズキャンセリングについて

まず、ノイズキャンセリング機能は抜群。

左右両方のイヤホンを着けると自動的にノイズキャンセルがONになりますが、

急に聞こえてた環境音がかなり小さくなります。

着けた瞬間はまだONにならないのですが、1秒も経たないうちに雑音が消えます。

けい
けい

これがちょっとクセになって、まるで水中にもぐった時のような感覚が味わえます。笑

もちろん、外を歩いていて、走っている車の音が聞こえなくなるわけではないですが、

ちょっと静かめなカフェなどで着ければ、周りの話し声などは聞こえません。

イヤホンを外したときにいつも「こんなにここは騒がしかったんだ」と思ってしまいます。

なので、まず言えることは、勉強や仕事など【集中したい時】にはもってこいのイヤホンだと思います。

バッテリーについて

けい
けい

電池の持ちもばっちり。でも1つ注意点あり。

バッテリーの持ちも問題ありません。

Anker社のサイトにもイヤホン7時間連続使用可能とあるように、

すぐに切れることもなく、使い続けることができます。

また僕自身も購入して1年が経とうとしていますが、

バッテリーの減りが極端に早くなったとも感じていません。

またケースでの充電もフル充電が3回(筆者調べ)できますし、ケース自体の充電も素早く終わります。

1つ注意点があるとするならば、ケースの充電が無くなっていることに気づきにくいことでしょう。

正面にランプがあるので、そこで確認はできるのですが、あまり見ることもないので気づきにくいです。

これは意識して確認することをおすすめします。

音質について

けい
けい

音質も問題なし!高音、低音ともに臨場感があります。

音についても、かなりこだわりのある人からすればどうかはわかりませんが、

素人目からすれば、万々歳な音質です。

低音、高音どちらも問題なくでますし、耳の奥にまで入ってくるような臨場感あふれる音で、

楽しませてくれます。

音漏れについて

けい
けい

音漏れも問題なし。

音漏れに関しても、これまで屋内、屋外問わず使ってきましたが、指摘されたことは1度もありません。

これはおそらくノイズキャンセリング機能が優秀だから、大きな音を出さなくてもはっきりと音楽が聞こえるからだと思います。

操作について

けい
けい

操作も便利。自分好みにカスタマイズも可能。

音楽の再生や停止、次の曲に行く、ボリュームの上げ下げなどであれば、いちいちスマホを操作しなくても大丈夫。

イヤホンで1回タップしたり、長押ししたりすることで、操作することができます。

その操作も専用アプリ【Soundcore】自分のやりやすいようにカスタマイズすることが可能。

Youtubeを聞いていて、次の動画に行ってほしい時や音量を大きくしたい時などにサッと片手で行えるので、この機能はとても重宝しています。

また、音楽再生中にイヤホンをはずすと自動で停止し、また着けると自動で再生されるというすごい機能もあり、恐れ多い次第です。

価格について

けい
けい

これだけ良いイヤホンなのに、価格は学生でもぜんぜん手が届くお値段!

そして最後に1番気になるお値段。よく比べられるのがAirpods pro。

前述のものが2.5万円以上するのに対し、Soundcore Liberty Air2 Proはなんと

半額の1.2万円です!

しかもアマゾンのセール時なら1万円を切り、9,980円で購入できます。

マジでコスパがヤバいです。

購入はぜひセール時がおすすめです。

唯一の欠点

ここまで褒め倒してきましたが、このイヤホン唯一と言ってもいい欠点をお伝えします。

それは、イヤホンの電源が切れてしまったら、イヤホン単体で電源を入れられないことです。

これはどういうことかと申しますと、

イヤホンはケースから出すと自動的に電源がONになりますが、30分間耳から外した状態で放置していると自動的に電源がOFFになるようになっています。

また電源をONにするには、1度ケースに戻してまた出すという作業が必要になります。これがちょっとだけ不便。

そう頻繁に起こることではないですが、ケースを鞄の中にしまってた時はいちいちケースを出して、出し入れしないといけません。

同じanker社製の別のイヤホンだとイヤホンを長押しすることで電源を入れることができていたので、これはちょっと残念でした。

まぁでも30分も出しっぱなしにして、なおかつケースが手元にないなんてこともそう無いので、

そこまで困ることもないと思います。

まとめ

けい
けい

以上、Soundcore Liberty Air2 Proの感想とデメリットでした!

基本的にこのイヤホンは買いだと思ってます。

他に安価なイヤホンもたくさんありますが、ワイヤレスイヤホンを選ぶなら、これが超おすすめです。

もちろんAirpods Proも素晴らしいイヤホンですが、お値段がちょっと…と思う方は、

ぜひこのSoundcore Liberty Air2 Proを使用してみて下さい!

タイトルとURLをコピーしました